ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第30番、31番、32番 ヴラディーミル・アシュケナージ アイキャッチ画像

このアルバムの3つのポイント

ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第30番、31番、32番 ヴラディーミル・アシュケナージ(1991年)
ベートーヴェン ピアノ・ソナタ第30番、31番、32番 ヴラディーミル・アシュケナージ(1991年)
  • アシュケナージのベートーヴェン後期ソナタ再録音
  • ルツェルンでのデジタル録音
  • 印象派につながるピアニズム

今回紹介するのはヴラディーミル・アシュケナージが1991年に録音したベートーヴェンのピアノ・ソナタ第30番、31番、32番のアルバム。

アシュケナージはピアノ・ソナタ全集を完成させていて、第31番と32番はその最初の1971年、そして第30番も1974年に録音していました。中でも第28番と30番が収録されたアルバムは日本のレコード・アカデミー賞を受賞しています。一方で、1967年に録音された第29番「ハンマークラヴィーア」や1972年の第8番「悲愴」は全集には入らず、どちらも1980年に再録音したものが採用されました。

アシュケナージはその後も月光や熱情、ヴァルトシュタインなどで再録音をおこなっていて、1回録音して終わりというわけではなくその時々で捉えたベートーヴェンを演奏してきたという印象です。

今回紹介するのは旧録音から約20年後の再録音で、第30番から32番を1991年7月にスイス・ルツェルンにある聖シャルル・ホール (St Charles Hall) でセッション録音しています。

旧録音と比べて3つのピアノ・ソナタとも演奏時間が速くなっているのが特徴です。まずは演奏時間を比較してみましょう。

曲目旧録音 (1971, 74年)新録音 (1991年)
第30番 第1楽章4:124:07
 第2楽章2:302:23
 第3楽章13:4213:25
第31番 第1楽章6:426:13
 第2楽章2:142:19
 第3楽章11:3610:40
第32番 第1楽章10:049:14
 第2楽章17:2516:47
アシュケナージのベートーヴェン後期ソナタ新旧録音の演奏時間比較

例えば第32番第1楽章のMaestoso の部分のように旧録音では間をたっぷり持たせるところで、新録音ではシャープになり、よりフォルムをスッキリとさせています。

指揮者としての活躍がメインになっている時代なので、ピアノにも良い影響が出ていて、音色はよりまろやかに、そして深みはより増しています。旧録音では若かりしアシュケナージの情熱があったとしたら、この新録音は蒸留されたようなクリアさがあります。高音域での美しさはもはや古典派というよりも、ショパンやシューマンといった次の時代(ロマン派)の萌芽を感じさせてくれます。

旧録音でもレガートなところはあったとは言え、シャープなテクニックで打鍵の粒が大きめでしたが、この新録音ではより滑らかになり、ペダルを効果的に用いてどこまでもカンタービレです。旧録音ではアナログ録音でぼやっとしていた音質、特に第32番の低音のトリルなど、も1991年のデジタル録音では隅々までくっきり聴こえるになったのもメリット。

音楽評論家から「常識家」とも言われたこともあり、妥当な解釈と安定した技術の一方で度肝を抜く奇抜な演奏とは無縁のアシュケナージのピアノ演奏。このベートーヴェンでは「ベートーヴェンはこう弾くべき」という慣習から解放し、ロマンチシズムの世界へといざなってくれます。

ピアノ・ソナタ全集での録音とは別の、アシュケナージの20年ぶりの再録音。より蒸留された音色でロマン派へと通じる演奏をおこなっています。

オススメ度

評価 :5/5。

ピアノ:ヴラディーミル・アシュケナージ
録音:1991年7月3, 4日, ルツェルン・聖シャルル・ホール

上記タワーレコードのサイトで試聴可能。

特に無し。

Tags

コメントはまだありません。この記事の最初のコメントを付けてみませんか?

コメントを書く

Twitterタイムライン
カテゴリー
タグ
1976年 (21) 1977年 (16) 1978年 (19) 1980年 (14) 1985年 (14) 1987年 (17) 1988年 (15) 1989年 (14) 2019年 (20) アンドリス・ネルソンス (19) ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団 (81) ウィーン楽友協会・大ホール (58) エジソン賞 (18) オススメ度2 (14) オススメ度3 (79) オススメ度4 (115) オススメ度5 (145) カルロ・マリア・ジュリーニ (27) カール・ベーム (28) キングズウェイ・ホール (15) クラウディオ・アバド (24) クリスティアン・ティーレマン (18) グラミー賞 (29) コンセルトヘボウ (35) サー・ゲオルグ・ショルティ (54) サー・サイモン・ラトル (22) シカゴ・オーケストラ・ホール (23) シカゴ・メディナ・テンプル (16) シカゴ交響楽団 (52) バイエルン放送交響楽団 (35) フィルハーモニー・ガスタイク (16) ヘラクレス・ザール (21) ヘルベルト・フォン・カラヤン (32) ベルナルト・ハイティンク (37) ベルリン・イエス・キリスト教会 (22) ベルリン・フィルハーモニー (33) ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 (65) マウリツィオ・ポリーニ (17) マリス・ヤンソンス (42) ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団 (17) リッカルド・シャイー (21) レコードアカデミー賞 (26) ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団 (42) ロンドン交響楽団 (14) ヴラディーミル・アシュケナージ (28)
Categories